新約聖書における価値観

キリスト教と結婚の関係

性交渉を否定しているわけではない

同性愛という話も出てきてしまったので少し話がこんがらがってしまいそうなので、話の軸を戻すとしよう。キリスト教における結婚観についても、それらが大きな影響力をもたらしているのは紛れもない事実であり、同性愛についても否定している部分があるのもよくわかると思う。ただこうして話をするとキリストも提示した『姦通罪』という件についてはやはり疑問が残るところだ。神様が男と女という二つの存在を出し、そこから新しい種を誕生させるためにも生殖行動は欠かせない。それが合ったからこそ今の時代があるわけで、性交渉を罪とする考えが広く違った価値観を内包して伝播していたら、また違った世界が出来ていたのかもしれない。こう考えると色々な偶然と必然が重なって出来上がったと思うと、少し夢見がちかと言われてしまうかもしれない

性行為について嫌悪している敬虔なクリスチャンもいるが、そんな人々でも結婚する。またどういう偏見かは分からないが司祭となる人々は結婚してはいけないとも言われている。独身でなければ慣れないと言われているが、実際のところは宗派にもよるが結婚も認められており、それに伴う性行為による子供を作ることも聖職者であっても認められている。

そんなのおかしいのではと言われてしまうが、そもそもキリストがいうところの姦通罪とは夫との行為については問題視されることはないのだ。問題となるのは夫以外の、結婚を目的としていない男性との性交渉こそ忌むべき物だとされている。こうした説法は新約聖書において記載されている。

結婚しようそうしよう

結婚をした相手との性行為は認められている

性行為は認められていないと言われているが、もしそれが本当なら生物としての繁殖行動を営めない。性行為をしなければ子孫が生まれないため根本から生物としての存在を否定していると取られてしまうかもしれないが、結婚相手との生殖行為に関しては認められている。これはキリストが提示したものでもあり、生涯男性を支えていくことを誓う瞬間でもある。だからこそ不貞な行為は禁じなければならないと言われている。ただキリストにとって人の死を意味するといったことに関しては、弟子たちにとっても衝撃的だったのだろう。

既婚したのにその後も夫以外の男性と関係を結ぶことを、ローマでは姦通罪=死罪としていた。男は繁殖をしなければならないという義務を背負いながらも不貞行為そのものが許可されている図式については問題はあっても、当時にすればそれは善とされていた。女性が不貞を働いたら生きている価値はないと糾弾されるように命を奪われる、これは当然のことだと考えていたと言える。それをキリストは不貞を働いてはいけない、しかしだからといって命を奪っていい理由にはならないと明言したことで、女性たちは社会的な地位を獲得することに成功する。

こういった点でイエス・キリストが神の申し子として崇められていた事を証明している。宗教的な観点から広く結婚観について革新的な異議を唱え、やがて現代にまで普及するほどの思想へと発展させた。生き方そのものは変わっていないのかもしれないが、人生観として見れば安寧した時間を過ごせるようになったという点では男女ともに大きな意味を持つだろう。

式挙げる派ですか挙げない派ですか

姦通は悪魔の囁き

同性愛の禁止、姦通罪となっても死罪にならないなどの新たな意義が出来上がったキリスト教だが、それでも夫婦となっても性的な不貞行為は止まらない。現代の日本でもそうだが、世界の様々な地域でパートナーが浮気したという問題が多発している。日本でもネット上で情報を探してみると、本当かどうかわからないが色々と不貞といっていいのかというほどに奔放すぎる人々の有り様を見ることが出来る。

こうした一生涯つきそうと決めた相手以外と性行為をしてしまうことを、キリスト教では悪魔の誘惑と表現している。またそうした囁きと誘惑に負けてしまったら、陰府へと招かれて天国へは赴けないとまで言われている。だからこそ、結婚しようとしないクリスチャンにすれば純潔を守ろうとする行為を是とする動きもある。自分たちは神の教えを守ったから天国へ行けるとし、貫通されるくらいなら死を選ぶという人もいたといえるだろう。

結婚というものがとても深く重い儀式と感じている人は、今の日本には少ないのかもしれない。離婚して再婚する行為を当然のようにしている人もいるが、キリスト教徒であればそれすら認められていないため、たとえ不仲になったとしても生涯を添い遂げなければならない。こうして考えると日本の結婚事情も少しは見習った方がいいのかもしれない。

式場決めましたか?

  • 独立する際、どうすれば安定して働き続けられるのか、そう考えるのはフリーランスの方にとってとても重要な内容だと思います。 独立しても安定して仕事ができるようサポートするのがフリーエンジニアの求人サイトindecoとなっています。