現実を思い知らされる

キリスト教と結婚の関係

ストレスに感じる人も

こうした事情を踏まえて最近の人が結婚式に対してどのように感じているのかを改めて考えてみると、やはり理想を高らかに掲げている人が多い。とあるアンケートでは洋式と和式、どちらの形式で結婚式を開きたいかを調べてみたら7割近い人が洋式、つまりはキリスト教を始めとした海外方式の結婚式を希望しているようだ。色々と理想を持つのはいいことだ、ただそれらを実際に叶えるとしたらかなり労力を要する事を恐らく加味していない人が多い。先にも話したようにキリスト教式の結婚式となれば宗教としてのキリスト教を理解しなければならない上、結婚というものがキリスト教にとってどのくらい重要な儀式なのかを知るところからはじめなければならない。結構な手間を要するが、希望しているならそれくらい乗り越えられるだろう。

ところが理想と現実は違うものであると克明に証明されてしまう瞬間となる場合もある。またそれを知ってしまったがため、結婚式が一番ストレスになると感じる人もいるというのだ。いらいらを募らせる原因になりかねないと言われるような人の意見も気になるが、そういった人の声もまた結婚式を開くことになったからこそ理解できた部分が露見したからだろう。

結婚しようそうしよう

どうして結婚式がストレスか

どうして結婚式と言うものをストレスに感じる人がいるのだろうと思う人もいるかもしれない、具体的にどんな部分で辛いと感じるのかだが、

  • 結婚式費用
  • 招待客リスト
  • 家族を始めとした招待客を喜ばせなければならない義務

こんなところだ。

どれもこれも重すぎるところだ、特にお金という問題は避けては通れない問題であり、華やかな式にしたいのであればなおさら頑張らないといけなくなる。喜ばせる義務というのは少し想像しにくいが、やはり料理を始めとしたもので満足できるくらいの用意をしたいという意味でもハードルが高くなってしまうのかもしれない。

理想は理想でしかなかった

そんな苦労を特に知ることになるのが、本当に開催の日取りが近づいてくる瞬間だろう。結婚式当日となればそれこそようやく訪れた幸せの絶頂とも言えるような日となる、そんな風に考えていたが、実際には用意という用意に追い立てられて、まともに睡眠が取れなかったという経験をした人もいるという。いざ決まったとしても結婚式の日取りも余裕を持って準備をしなければならない。基本的に開催する新郎新婦が企画から構成、演出といった全てをプランニングしなければならない。結婚式で流れる映像も自分たちで制作しなければならないという事を考えると、それをするまでにどれくらい動かなければいけないのかと、ため息が止まらないのだろう。

また結婚式後の披露宴などにおいても、新郎新婦は用意された食事をまともに食べている時間は殆ど無い。基本、来賓として招かれた人々との会話や会場の状況を把握していなければならないため、ゆっくりとした時間は全くと言っていいほどない。友人の結婚式・披露宴と見たが、忙しそうで本当にこちらがこんなにくつろいでいていいのだろうかと、そんなことを思ってしまったくらいだ。これが日本的な結婚式と思えば納得しなければならない、海外の披露宴には出席しない人が多いというのを考えると、そういう意味で参加しないのかもしれない。

式挙げる派ですか挙げない派ですか

  • オンデマンド年賀状印刷 2018は夢工房。Webからカンタンにお申込みOK!デザインを選択し、自由編集ツールでレイアウト変更もラクラク。
    ゆうりんは福岡市内及び、近郊エリアのお客様のご自宅や宿泊先に、セラピストを派遣する出張マッサージ店です。 博多駅 マッサージ厳選されたセラピストによる確かな技術をお試しください。

あまり高望みはしない

キリスト教式の結婚式と言われたら綺麗・憧れ・理想の三拍子が並ぶ。人生最高の結婚式と呼べるかは当日次第だが、印象には間違いなく残る。そうなるまでにやらなければいけないことは目白押しで、キリスト教というものを理解した上で結婚式も進行していかなければならない。そこに日本的な価値観を見出す事はしないようにするのはもちろんだが、やはり我を張って独創的すぎる結婚式にしようなどと思わないようにしなければならない。

改めてこう書いてみると、日本人はもう少しキリスト教というものを理解した上で教会・聖堂での結婚式というものを認識し直す必要がある。

式場決めましたか?