式を執り行う場所

キリスト教と結婚の関係

結婚式という重要な儀式をする場所として

宗教的背景を考えると日本人が行っているキリスト教式結婚式が実はとても淡白で、実のところ日本人視点で開催しやすい物を儀式的に行っているだけではないのかと、かねてより考えていた時期もある。そうした点について異論を唱えたいという人もいるかもしれない、信奉している人にすれば失礼極まりない儀式法だと考えているが、日本で開催されている以上は日本式に準じて行われるのはしょうがないことなのかもしれない。

さて、こうした結婚式が開かれている場所として代表的なところといえば『教会』のはず。ただ最近ではホテルの中で教会風に見立てた場所で結婚式を開くこともある、昨年友人が結婚式を上げた際にもキリスト教式を取り入れたものだったが教会の祭壇を感じさせるエントランスで開催されていた。面白いなぁと感じる一方で、そういえばと思ったことがある。そもそもキリスト教式で開催されている結婚式が執り行われる場所は、正式には何処で執り行われるのが一番正しいのかという点だ。キリスト教に関係した建築についても色々な言い方がある、教会もそうだが、『礼拝堂』・『聖堂』、果ては『大聖堂』といったような場所で行っている。日本人のとにかくキリスト教式で結婚式をしたいと考えている人からすれば、とにかく何処でもいいからなどと縦横無尽に考えている人もいるかもしれない。

そもそもこうした言い方はキリスト教的にすればどんな違いが有り、どのような儀式を普段から執り行っているのか、というのも気になるのでその点についても少し紐解いていこう。

結婚しようそうしよう

宗教拠点について

ではここで教会を始めとする施設について話をしていこう。最初に注意点としてご紹介すると、『修道院』に関してはそうした結婚式などを執り行う場所ではなく、主に修道女を始めとした聖職者が祈りと労働をこなしながら神への信仰心を高める場所となっているため、今回の結婚式という観点からは外れる。そうした点を踏まえつつ、まずは先に紹介したような施設について簡単に概要を話していこう。またキリスト教といっても宗派という違いから来る点にも触れておく。

教会について

とても一般的な言い方をする『教会』についてだが、こちらに関しては施設のことを挿すとしたら『教会堂』という言い方をした方がいいだろう。この施設に関しては宗派などの難しい問題もある中では、とても分かりやすくキリスト教という存在を説いたものが施設内に用意されている。いわゆる非常に一般的なキリスト教施設となっている。

聖堂について

次に日本でも名称が用いられている『聖堂』についてだ。最近キリスト教の聖堂で結婚式を上げた、などと言っている人もいるかもしれない。ただこの施設は本来は聖人を始めとしたキリスト教の中でも徳の高い人々を祭った祭礼の場というのが本来の意味となっている。日本にもそういった視点から重要な場所は存在しているが、元々はキリスト教徒にとっては信仰対象という意味で非常に重要な施設として崇められていることが多い。

また『大聖堂』と言われている施設もあるが、施設というよりはキリスト教における建築種別という点もあるが、宗派によって大きく異なる。

チャペルについて

これもたまに聞くこともあると思うが、『チャペル』というものもある。元はクリスチャンが礼拝するための施設となっているが、中には教会の庇護を直接的に受けていない非公式なものもある。また洗礼を受けるために一時的に用意されたといった場合にもこうしたチャペルが用いられる事がある。

礼拝堂について

こちらも耳にする『礼拝堂』というものがある。こちらも少し特殊といえるのだが、本来聖堂と呼ばれる信仰心を養う場所としての性質もあるが、どちらかと言えば聖堂よりも副次的な物となっており、あくまで主要な祭壇の場として用いられないという特徴がある。また宗派によっては聖堂という言葉を用いれないなどの理由などもからみ合って礼拝堂と呼称するときもあれば、大規模な教会においては複数の礼拝堂を設置するなどの対策が必要になることもある。

式挙げる派ですか挙げない派ですか

  • 全ての家庭に共通した対応方法、などというものは存在しません。 人間の数だけ対応が数多あるように不登校児にも型にハマらない対応をしなくてはいけません。 ペアレンツキャンプでは不登校 PCMという考え方を考案し、カウンセラーによる家庭事に細やかな支援を出来るよう活動しております。

これらの中で結婚式を行う場所として

ではこの中でどの施設で結婚式を開催するのが一番適切なのかと考えると、一番妥当なのは教会堂というのもそうだが分かりやすく、そして名称として用いられている頻度を考えるとするなら『聖堂』で行うのは適切と言える。日本にある結婚式を開催しているところも大半が『聖堂』という名前を使用しているので、特別迷うこともないだろう。

元々聖堂ではミサなどの典礼儀式を開催するための場所という用いられ方が一般的となっていることから、結婚式のような重要な儀式を執り行う場所としては聖堂が一番正しいといえる。それ以外の施設でも開催しようと思えば出来るが、信仰心に準じるとするならそうした点にも気をかけなければならない。

式場決めましたか?

  • オンデマンド年賀状印刷 2018は夢工房。Webからカンタンにお申込みOK!デザインを選択し、自由編集ツールでレイアウト変更もラクラク。